サイトメニュー

治療までの流れ

鏡を見る女性

足の裏のほくろ

足の裏にできた、ほくろ。分かりづらい位置にあるのですが、見つけてしまったら気になりますよね。足の裏のように刺激が多い場所にあるほくろは、眼になりやすいので要注意です。早めに除去することをおすすめします。また、足の裏の他にも口の中や爪の下などにできたほくろも危険です。このような「除去できるの?」というような場所にあるほくろもレーザー治療などを行えば治療が可能ですので、医療機関へ急ぎましょう。美容目的のほくろ治療は保険が適用されませんが、医療目的の場合は保険が適用されることがあります。保険が適用されるかどうかは医師の判断によって変わってきます。がんの可能性が考えられたり、日常生活に支障をきたすようなほくろの場合に適用されるので医師に確認してみましょう。保険が適用されると自己負担額が3割程度になります。

施術までの流れ

ほくろを除去するまでの流れを確認していきましょう。まず、行きたいクリニックが決まったらカウンセリングの予約をします。カウンセリングには、1回2000円程度の費用がかかる場合があります。カウンセリングが済んだら、施術を行う日を予約します。予約した日に来院して同意書に記名したらいよいよほくろ除去です。麻酔が必要な場合はまず麻酔注射を行ってから治療に入ります。麻酔を打つときに痛みを感じることがありますが、この麻酔のおかげで治療中は痛みを感じなくなるので少し耐えましょう。治療方法やほくろの数にもよりますが、どの方法も数分~数十分で施術を終えることができます。レーザー治療の場合、麻酔をすれば痛みを感じることはないのですがレーザーが皮膚に当たっている感覚はわかるようです。治療が終わったら、患部をケアして終了です。施術後は1~2週間程度、自分でアフターケアが必要となります。この期間中は、日焼けに十分気を付けてください。保護テープが気になる人は、マスクやサングラスなどで隠して外出することをおすすめします。