サイトメニュー

効果的な紫外線対策

看護師

紫外線対策をしよう

せっかくほくろ治療をしても、ふたたびほくろができてしまったら意味がありませんよね。ほくろの原因のほとんどは紫外線なのですが、効果的な紫外線対策について紹介します。紫外線は、夏に限らず春夏秋冬いつでも降り注いでいます。できれば年中外出するときは紫外線に気を付けておきたいですね。紫外線対策といって、多くの人が思い浮かぶのは日焼け止めだと思います。今では、スーパーやドラッグストアに色々な種類の日焼け止めが販売されていますよね。日焼け止めを選ぶときに注意しておきたい事として、SPFとPAの数値が高いものを選ぶようにしましょう。SPFは肌の炎症を防いでくれる効果があり、PAは+の数が多いほど肌が黒くなるのを防いでくれます。日常生活のちょっとした外出ならそこまで数値が高くなくても大丈夫なのですが、マリンスポーツなど長時間炎天下にいる場合は数値が高い日焼け止めを使用するようにしましょう。また、日焼け止めと同じくらいメジャーな紫外線対策として、日傘も有名ですよね。日傘は、主に女性が使用しているイメージが強いと思いますが、男女関係なく日傘の使用をおすすめします。日傘は、日焼け止めでは防げなかった紫外線も対策してくれるので、紫外線対策にはなくてはならない存在です。気になる日傘の選び方ですが、大前提としてUVカット使用のものを選びましょう。日傘の色は一般的に黒が良いとされていますが、表面の色よりも傘の裏地の色をチェックしましょう。表面の色は何色でも構いませんが、裏地は黒をおすすめします。地面の黒いアスファルトなどの照り返しにより、白い裏地の傘だと肌が紫外線の影響を受けてしまいます。サイズも、小さすぎず大きすぎず持ち運びが便利なサイズが良いでしょう。大きければ大きいほど紫外線対策に有効ですが、普段使いの便利さも考えて直径90センチ前後の日傘を探してください。他にも防止や手袋、サングラスなど紫外線対策にも色々な方法があります。最低限日焼け止めと日傘をしていれば紫外線カットにとても効果的なので、ぜひ肌の老化対策として紫外線対策を心がけましょう。